代表者メッセージ

『顧客、そして社員満足度No.1を目指します!』

代表取締役社長
林 正二 さん

1953年生まれ。東洋大学経営学部を卒業後、株式会社旭物産に入社。1999年12月に同社代表取締役就任。旭物産のほか、アスナ株式会社代表取締役、工業組合もやし生産者協会の理事長を務める。趣味はワインを飲むことなど。

カット野菜で日本トップクラス!人々を幸せにする健康創造企業を目指して

当社は、もやしの生産と、サラダなどのカット野菜や大根のつま、薬味などの商品開発と製造を行っています。2017年に新築移転した本社工場はカット野菜の工場として日本でトップクラスの売上高を誇り、全国から大勢の見学者が来るほど注目されています。
私たちが目指すのは、「人を幸せにする」企業であること。製品を購入していただく消費者の皆様はもちろん、取引先や地域の皆様、そして社員全員の「幸せ」を第一に考えています。では、どうすれば皆が幸せになれるのでしょうか?私の考える幸せづくりの方法は、野菜をもっとたくさん食べて健康になること、そして仕事に行くのが楽しくなるような会社にすることです。忙しい主婦の方々の調理負担を軽減するために開発したカット野菜ですが、最近では一人暮らしの方や高齢者の方からも「必要な分だけ購入できる」「彩りが良く、手軽で便利」と好評を頂いています。これからも、野菜を通じて幸せと健康を提供していきます!

旭物産ってこんな会社

おいしくて便利、高い支持率が自慢です

野菜をより気軽に、よりおいしく召し上がっていただくことが私たちの願いです。そのために、食品の基本である「味」はもちろんのこと、価格・品質・独創性・環境に配慮しながら商品作りに取り組んでいます。「ふんわり千切りキャベツ」や「12品目のサラダ」など、カット野菜が特に高い支持をいただいているのは、業界の先駆け企業として培った技術とノウハウがあるからこそ。3工場全体で100億円を超える売上を誇り、今日も皆様の食卓に健康と安心、そして幸せを届けています。

◎新鮮なカット野菜で手軽に健康づくり

◎機械化で効率アップを図り、労働負担も軽減

社員の「嬉しい」が、会社にとっての喜び

お客様だけでなく、社員や地域の皆様も「幸せ」にすることが当社の理念。いきいきと働ける環境づくりのため、本社工場にはゆったり寛ぎ、心身共にリフレッシュできる休憩室を備えました。喜ぶ顔が見たいから、現金支給の特別賞与や年末のA5ランク牛肉プレゼントなど「お楽しみ」の福利厚生も充実!近隣の清掃活動など、地域貢献にも積極的です。

◎開放的でお洒落な休憩室は好評です!

企業概要

会社名 株式会社 旭物産
所在地 〒319-0321
茨城県水戸市高田町127
TEL 029-303-5500
HP https://asahibsn.co.jp
設立 1971年10月
従業員数 700名(正社員数/200名)
事業内容 もやしの生産
サラダ・カット野菜の製造
資本金 2,000万円
関連記事 先輩インタビュー2019
おすすめの記事
就職サポート
まずはじめに 今回は、についてご説明します。 部活動に入っている方は、先生や目上の方から礼儀・マナーを厳しく指導されている方もいらっしゃるか...