代表者メッセージ

『私たちの製品が道路や橋をつくります!』

代表取締役
浜崎 秀雄 さん

1954年生まれ。福岡大学商学部を卒業後、石油精製専業会社を経て2006年に㈱伊藤製鐵所筑波工場へ入社。同社の総務部部長との兼任で2015年㈱伊藤鋼機常務取締役、2018年代表取締役に就任。趣味は、釣り・自転車・里山歩き・ボウリング。座右の銘は“日日是好日”

貴重な資源を無駄にしない地球環境にやさしい会社です

当社は、鉄スクラップをリサイクルして鉄筋を製造する株式会社伊藤製鐵所の100%出資会社として平成13年に設立されました。おもな事業内容は、伊藤製鐵所で製造した棒鋼の加工(曲げ、切断、圧接など)と、「鉄鋼スラグ」を砕いて砕石を製造すること。鉄鋼スラグとは、電気炉で鉄スクラップを溶解・精錬し、リサイクルする際に生成される副産物です。スラグ砕石は、アスファルト道路の基礎など土木用資材として利用されています。電気炉鋼1トンあたり110kgも生成されることを考えると、これを廃棄せず再活用することは省資源・省エネにつながり、環境への負荷低減に大きく貢献していると言えます。また、棒鋼加工においてもこれまでの技術とノウハウをいかし、ミリ単位の精密な切断、曲げ、摩擦圧接など、様々なニーズに応える製品を製造しています。

◎私たちの製品が道路や橋をつくります!


伊藤鋼機ってこんな会社

社会に役立つものづくりの醍醐味があります

<棒鋼加工の種類>
曲げ、切断、圧接などにより、鉄筋を建築現場のニーズに応じた形状に加工します。鉄筋にフリップ(円盤)を圧接して製造する建材は、現在注目されている主力製品です。
<スラグ砕石の製造工程>
鉄リサイクルの際に発生する「鉄鋼スラグ」を冷却・凝固させた塊を重機で破砕し、広大な敷地内に一定期間山積みしてエージング(体積安定化処理)を行います。その後、道路の素材として出荷します。

◎鉄リサイクルの副産物を砕石として活用!

◎フリップを棒鋼に摩擦圧接し、建材に加工

成長の実感と社会貢献の実感がやりがい!

重機や、クレーンなどを扱うための資格・免許の取得は、会社が全面的にバックアップ!講習会参加費や受験料の負担なく必要な技能を身に付けることができるため、1年足らずで4種類の資格を取得した先輩社員もいます。鉄鋼スラグから砕石を製造したり、切断した鉄筋の端材は再度鉄スクラップとしてリサイクルするなど、環境へのやさしさも自慢です。

◎資格取得など若手の成長を応援します!

企業概要

会社名 株式会社 伊藤鋼機
所在地 〒305-0877
茨城県つくば市片田486(伊藤製鐵所筑波工場内)
TEL 029-838-2905
設立 2001年11月
従業員数 36名(男性35名/女性1名)
事業内容 鉄筋加工
砕石製造・加工
資本金 1,000万円
関連記事 先輩インタビュー2019
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます