代表者メッセージ

『モノづくりの醍醐味が肌で感じられます』

取締役執行役員工場長
白井 雅彦 さん

80年は信頼の歴史 私たちがつくるのは、「安全と安心」です

1944年に創業した当社は、地域で発生した鉄スクラップなどを再処理して鉄筋に生まれ変わらせ、高層ビルや橋、マンションなどの建設素材として再び社会に送り出しています。資源がわずかな日本において数少ない自給自足が可能である鉄スクラップを再利用し、地球にやさしい循環型リサイクル事業の一端を担っているのです。また、1983年に電気炉業界では初めて、橋脚等に使用される直径51mmの太い鉄筋の製造に成功しました。鉄筋の直径が25mm以上になると、強度の劣化等、成分調整が難しくなることから、51mm鉄筋の製造は非常に高度な技術を要します。現在、筑波工場の従業員の9割以上が茨城県出身者です。さらに、地域の新卒者を毎年採用しており、地域住民にとって重要な就業の場となっています。今後も都市再開発プロジェクトなど数多の社会インフラ整備に鉄筋は不可欠なもので、当社が果たす社会への貢献はさらに大きくなると考えています。

伊藤製鐵所ってこんな会社

国内最大級のスクラップヤードを誇る生産拠点

当社は、「鬼に金棒」を参考に名付けられた自社ブランドの「ONI CON(オニコン)」をはじめ、「ネジONICON」等、オーダーメイドの少量多品種の鉄筋の製造と販売を行っています。製造工程は、原料となる鉄スクラップの受入から始まり、スクラップヤードにて選別・配合をした後、電気炉にて溶解。不純物を除去する精錬や成分調整などの工程を経て、鉄筋の原形となる「ビレット」を鋳造し、加熱・圧延で成形。冷却後、決まった寸法に切断して製品を仕上げ、様々な検査を経て出荷に至ります。

◎筑波工場は5万トンの月産能力を誇ります!

◎国内最大級のスクラップヤード

安心・安全、快適な職場環境の実現

筑波工場の敷地は、なんと東京ドーム5個分!国内最大級のスクラップヤードをはじめ、電気炉、溶解炉、鋳造設備や圧延設備、製品工場などを備え、鉄スクラップの受入から製造、出荷までを一貫して工場内で行っています。品質への取り組みはもちろん、作業現場の安全確保や社員の福利厚生にも力を入れており、サークル活動も盛んです。



◎仕事のあとは工場内の大浴場で気分スッキリ

企業概要

会社名 株式会社 伊藤製鐵所 筑波工場
所在地 〒305-0877
茨城県つくば市片田486
TEL 029-837-2111
HP http://www.onicon.co.jp/
設立 1944年3月
従業員数 162名(全社:322名)
男性154名 女性8名
事業内容 鉄筋コンクリート用棒鋼及び関連商品の製造・販売
資本金 6億9,135万円
関連記事 先輩インタビュー2019
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます
就職サポート
まずはじめに この記事は就職活動を控えた高校生のお子様をお持ちの保護者様向けに書いています。 大卒・高卒問わず、就職活動は学生にとっては人生...